amplitude logo
SCDM横ロゴ背景透過

 

 

【Amplitude活用ウェビナー】

DWH・CDP導入企業必見!

データを「貯める」から「活用する」へ 

データドリブンなマーケティング施策の導き方

2022年11月18日(金) 15:00〜16:00 ウェビナー(Zoom / 無料)

 

DWH・CDPを導入している企業では、
今まさにデータの活用が次の課題となっていないでしょうか?

本セミナーでは分析官のナレッジを詰め込んだ
世界No.1ユーザー行動分析ツール『Amplitude』通して、
統計的アプローチも取り入れた  “施策に活かせる顧客理解” の方法をご紹介いたします。

ユーザー行動の理解がビジネスの推進にどのように役立つのかを理解している皆様だからこそ、
世界で評価されているデータを活用する手段をお持ち帰りください。


対象
すでにデータを蓄積し始めているが有効に使えていないデータマーケティング担当者、システム担当者、データサイエンティストの方
・製品・サービスの改善サイクルを早めたい、製品担当の方

セミナー内容

貯めたデータを活用する

世界で評価されている『Amplitude』をご存知ですか?

 

こんな課題をお持ちのお客様

ユーザーの反応を分析するのに時間がかかるため、ビジネスが求めるスピード感でプロダクト、サービスに顧客の声を反映できていない

ユーザー行動を踏まえた施策を打ちたいが、顧客を理解するのが大変でOne to Oneマーケティングができない

マーケターやセールスから依頼されたデータを準備する度に、分散したデータを統合して必要なデータに形成するのにかなりの時間と労力を要する

マーケターやセールスからの要件に応じて、分析のためデータを準備するのに時間を要し、分析結果を元に協議をして再度分析するサイクルを回すのが大変

とにかく正しい情報を早く入手して経営判断をしたいが、今はレポートが上がってくるまでに数週間〜数ヶ月要してしまう

 

今回のウェビナーでは『Amplitude』を活用して、実際にどうやって顧客を理解してゆくのかをdemoを通してお伝えできればと思います。

 

 

AmplitudeDemo

 

 

 

※同業他社様からのお申込みについてお断りする場合がございますので、予めご了承ください。

 

セミナーお申し込み

ウェビナー登壇者

masa-2

米田 匡克
Amplitude Japan
カントリーマネージャー

三菱電機株式会社 情報技術総合研究所で技術者としてキャリアをスタート。その後、外資系企業に転職し、Gemstar TV Guide で取締役副社長、Entropic Communications で代表取締役社長、Chartboost、LEANPLUM でカントリーマネージャーとして日本代表を歴任。2019年よりユーザー行動分析から先行指標が求める事ができるプロダクトアナリティクスを提供するAmplitude の初代日本カントリーマネージャーに就任。     

SCDM_ryoichi-1

高田 亮一
SCデジタルメディア株式会社
データマーケティングビジネスユニット マネージャー

データ活用を軸にデジタルマーケティング全般を経験。アドネットワークの運用から運用型広告のプランニング、データ基盤提供・分析支援などを推進。航空会社の新規事業プロジェクトにおいては、CDP/BI導入から国内外デジタルマーケティング戦略立案、施策実行からデータ分析支援などの支援実績を持つ。現在は、データ×マーケティングテクノロジーを軸に戦略設計から実装、施策実行から改善までの伴走支援を行なっている。